読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一周前のアイルランド留学記録

2017年2月より約20ヶ月に渡る留学と世界一周という壮大?なプロジェクトの奮闘記でございます。

メルヘン?お洒落?アナーキー?オランダのアムステルダムに来ました。

どうもご無沙汰しております。田中です。

f:id:d-tik-kjhoz:20170218045736j:plain

 

実はもう日本を発っており、現在はオランダにいます。

 

今週の日曜日にはアイルランドのコークに到着し、その次の日から学校が始まる、という感じです。

 

 

さて、みなさんはオランダのアムステルダムにどんなイメージを持っていますか?

チューリップ畑?風車などのメルヘンな光景?

f:id:d-tik-kjhoz:20170218031858j:plain

個人的に僕はなんかお洒落なイメージを持っていました。

まあ、その理由は高校時代に読んだメンズファッジでアムステルダム特集が組まれていたからです。

そんなこんなで僕のアムステルダムのイメージはなんかお洒落な街。

 

実際、アムステルダムはメルヘンでお洒落な街です。

f:id:d-tik-kjhoz:20170218032229j:plain

東京駅のモデルにもなったアムステルダム中央駅

 

 

街中に運河が張り巡らされているのでディズニーシーっぽい風景。

 

そして街行く人たちがみんなかっこいい!!!

アムステルダムにいる人たちはみんなえらいお洒落なコートを着ています。

まあ、背が高くて手足が長いからそう見えるだけかもしれませんが笑

まさに、僕が想像していたお洒落な街、アムステルダムがそこには広がっていました。

 

 

 

しかし、一方でアムステルダムアナーキーな側面も持っています。

 

なんと、大麻が合法なのです。

街中にはたくさんの大麻を扱うお店があります。

その名もコーヒーショップ。

f:id:d-tik-kjhoz:20170218033315j:plain

ちょっとわかりずらいですが、かの有名なThe Bulldog Cofee Shop

 

なんだそれカフェかよww

 

一応、普通のコーヒーやジュース類なんかも売っていますが、メインは大麻です。

 

大麻を吸引すると、目は充血して、瞳孔が大きくなるらしいです。これが俗にいうキマっている状態。

コーヒーショップの前で店からでる人たちを見るとみんな目は充血して瞳孔開きまくりで明らかに挙動がおかしいww

 

そして、街には歩きタバコならぬ、歩き大麻をしている人がたくさんいます。

そんな感じだから街には、大麻片手に路上で寝ている人、キマって奇声を発してゲロを吐きまくっている人がたくさん・・・

 

まあ、すっげえカオスですwwwww

 

そして、大麻以外には売春も合法です。

街にはRed light districtという地区があります。日本でいう赤線地区ですね。

f:id:d-tik-kjhoz:20170218032923j:plain

日本語では飾り窓地区と言われていますが、まさに字のとおり、窓からセクシーなお姉さんたちが道行く人たちを誘惑しまくります。まあ、たまにおばさんもいますけど。

 

女性を買春したい場合は窓を開けて、直接女性と交渉するみたいです。現に、多くの男性が窓を開けて中にいる女性と交渉していました。

相場としては約50~70ユーロ。時間は15~20分ほどらしいです。

あ、それと中の女性を撮っちゃいけません。撮ろうとした人を見かけましたが、めちゃくちゃ女の人がキレてましたww

 

お前なんでこんな飾り窓に詳しいねんこのエロ野郎って思われるかもしれませんが、ここで勉強しました。

 

その名もRed light district museum

飾り窓の歴史や概要を紹介しているミュージアムです。

 

 

f:id:d-tik-kjhoz:20170218042852j:plain

プレイルームの様子や

 

f:id:d-tik-kjhoz:20170218042953j:plain

女性から見た街行く人の様子や

映像には冷やかしにくる酔っ払いや、何回も行ったり来たりするおっちゃんや・・・

やっぱり結構からかわれるみたいで働いている人も大変ですね。

 

 

あとはなぜか女性の性のお悩みコーナー

 

f:id:d-tik-kjhoz:20170218044536j:plain

彼氏は激しいのが好きなんだけど、ぶっちゃけ痛い、などというお悩みが多数寄せられていました笑。

 

あとはアムステルダム、めちゃくちゃアダルトショップが多いですww

 

 

f:id:d-tik-kjhoz:20170218044821j:plain

エロティックアウトレットww

 

ちなみに傍からみればかなり不健全な街なんですが、普通に家族連れやカップルがアダルトショップや飾り窓周辺を歩いてたりします。

 

それでもまあ、やっぱり家族連れはお父さんがこっちに行くのは止めよう、って言ってたり、カップルは女の人がこっちは行きたくない、っていってたりする光景が少なからずありましたが。

 

アムステルダム、めちゃくちゃクレイジーだぜ!!!

みたいなことばかり紹介しましたが、見どころはものすごいたくさんあります。

ゴッポミュージアムレンブラントの絵が貯蔵されているアムステルダム国立美術館、アンネフランクの家。出来立てのハイネケンが飲めるハイネケンミュージアム

f:id:d-tik-kjhoz:20170218045348j:plain

ゴッホミュージアムアムステルダム国立美術館のすぐ近くにある写真撮影スポット、

I amsterdamのモニュメント

 

 

f:id:d-tik-kjhoz:20170218045438j:plain

 

f:id:d-tik-kjhoz:20170218045525j:plain

 出来立てのハイネケン

ものすごいライトで飲みやすくて、泡がきめ細かい!!!

 

 

正直、一週間ちょっとでは回り切れないくらい多くの見どころがあります。

そして、美術館もとても多いのでアートが好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

現に、ゲストハウスに泊まっている人はアートに興味があったり、アートスクールの学生だったりする人がとても多いです。

 

あとはまあ、クラブですね。アムステルダムは世界一クラブが多い街みたいです。

なので、パーティーが大好きな人もかなり楽しめるんじゃないでしょうか。

僕は時差ボケが酷いためにあまり夜遅くまでは起きていられないのでまだクラブは行ってませんが、是非とも夜のアムステルダムもエンジョイしたいです。

 

オランダ、アムステルダムは一見すればメルヘンな街かもしれません。でも、はたまたアナーキーな側面も持ち合わせています。

 

でも、それも含めてアムステルダムはとっても楽しい街です。人はみんな親切で優しいですし。

 

春休みや長期休みには是非ともオランダ、アムステルダムへ。

 

やっぱりアムステルダムってお洒落だなー、と思って入ったお土産物のバック

f:id:d-tik-kjhoz:20170218050407j:plain

だっっっさ!!!しま〇らかよ!!! 

 

では、世界のどこかでお会いしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村